人気ブログランキング |

Grosgrain グログラン

凛と、美しく。Grosgrain グログランのブログ

めったに服を買わなくなった。

こどもを出産してから、いや、妊娠してから本当に服を買わなくなりました。
かといってそれまでに持っていた服は体型が変わっているので、
ウェストや腰がまるで入らないし時代も前で、
一回り丸くなった肩のあたりがぴちぴちだったりする。

今まで生きてきて、ほとんどファッションには迷いがなかった私だけれど
こどもが生まれてからは最低限のワードローブで生きている、ファッション難民かもしれない。
自分で服を作っていながら難民とは、と思うけれど
自分が作った服しかほぼ着ておらず、ワードローブはミニマイズされている。
ワードローブとともに着る喜びがミニマイズしてしまっている。

ママ友の一人は「今はコスプレ。ママファッションをコスプレしているのだ。」と言い、
なるほど、と感心したけれど、気づけばこどもは赤子からある程度成長して
少女らしく装いはじめている一方、こちらのママファッションのコスプレは継続している。
どうしたことか。もう一度自分のスタイルを取り戻したい。そんなことを日々考え続けています。


そんな中、昨年秋の帰国時にURAYASU MARKETSという浦安のお店に立ち寄り、
(かつてお仕事を一緒にした方が運営されているご縁で)
その店頭でであった、しましまパンツ。
d0181387_12543995.jpg
しましまパンツ

1着ずつしましまが、ハンドプリントされています。
勢いのあるプリントがオーストラリアの彩度の高い中でもとても映えそうだったので、
大変久しぶりに服を買ってみました。

今まで、あまりデザインされた服は好まずにきた私なのですが、これはデザインしたぜ、という決め顔ではなくて、
にこにこと佇んでいるような存在感。素材の素直さがそう感じさせるのだと思います。
洗濯するたびにハンドプリントが少しかすれてくるのもよい。
経年変化を愛せるものしかもう身につけたくない。
だって自分が経年変化しているのだもの当然です。

上に以前作ったボートネックやTシャツ、
白のノースリーブブラウスを合わせても、しっくり自分になるみたい。
ウエストの後ろがゴムで股上も深く履きやすい。
少し短めのクロップド丈も軽快で気に入っています。

ここ1年に加えた数枚の服の1枚だけど、その後週2回は履いている気がする。
だんだん「私のパンツ」になってきました。
アァ嬉しいな。こうやって気に入った服を一枚ずつ、
自分のものにしていくんだったっけ。

このしましまパンツを作られたのは、なつめ縫製所さん。
「身に纏うわくわく」をテーマに、お洋服だけではなく
バッグやカーテン、布の萬屋として日々、製作されているご様子です。

ちょうど来たる4月19日からURAYASU Marketsで「なつめ縫製所展」を開催されるらしく 
そこに登場する予定の商品がまた素敵です。真面目な色素材にはずしのあるデザインにくすぐられます。

遠くからなつめさんのインスタをじっと眺める日々です。

d0181387_12544622.jpg
d0181387_13004722.jpg
d0181387_13010532.jpg

風が通り抜けていきそうなストライプのワンピース、いいなぁ。
お近くの方は訪れてみてください。(そして私に様子をぜひ教えてください。)

次回帰国時にも、きっと何か出会いがあるのではないかな。
そんな次へのわくわくを確かにわたしも受け取っているようです。

d0181387_13005631.jpg
なつめ縫製所展
2019・4・19(金)−4・21(日)
URAYASU Markets 浦安市北栄3−3−16

ファッション難民が自分を取り戻していく過程、を今後もここに時々、しるしてみます。

Mina




by grosgrain | 2019-04-08 13:34 | おしゃれについて | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31