夏到来!帽子のメンテナンス。

関東地方は梅雨もあけ、一気に夏が到来!といった感じです。
毎日お世話になる帽子、メンテナンスの方法をご紹介しておきます。


1、汗をかいた時は?
すべり、とよばれる帽子の内側についたあせとりのリボンを、よくしぼった布でふきとります。
汗が度重なると塩をふいたりするので、毎日かぶったあとにさっとふいておくと安心です。
また、汗をよくかく方&メイクも毎日される方は、帽子のサイズは少しゆとりのあるサイズを選び、
帽子用の使い捨て汗とりライナー等を使用するとよいと思います。
汚れたら新しいものに取りかえます。


2、麦わら帽子が型くずれしたら?
湿気や雨、また毎日使用するとどうしても当初の糊はよわまり、形が崩れることも。
そんな時、アイロンの蒸気でのメンテナンスがおすすめです。
アイロンの温度を高温にしてスチームが十分に出るようにします。
形がくずれてしまった部分にたっぷりとスチームをあて、手で整えてください。

へこんだ部分など内側にやわらかい紙をつめてそのまましっかりと冷やし、水分をとばし乾燥させます。
(蒸気があたってすぐの状態は一番やわらかいので、そのまま使用すると形はより崩れてしまいますので、注意してください)

一度で修正が難しくとも、何度か繰り返すうちに当初の形に近付くはずです。
また、形を整えた時に衣料用のスプレー糊を内側からかけ、乾燥させると型が長持ちします。
つばが折れてしまった、曲がってしまった、という時もアイロンの蒸気をあて、
手でしっかりと整えてください。


3、リボンがよれてしまった。
最近の麦わら帽子には大きめのリボンがついていますが、リボンがよれていると帽子も台無し。
その時もアイロンのスチームをあてて整えましょう。
蒸気をあて、指で整えると驚くほどきれいになると思います。
アイロンのスチームの水滴が飛ぶと染みになる可能性があるので、注意してください。


4、ほつれてきた。
帽子を縫っているブレードミシン(環縫いミシン)は、
下糸がないので一カ所がほどけるとだーっとほどけてしまうことがあります。
ほつれをみつけたら、早めにお直ししましょう。
手縫いで帽子の地色に近い糸で小さな並縫いで留めれば、ほどけてしまうことはありません。
より本格的にお直ししたい場合は、購入店舗にご相談ください。

Grosgrainではこれらのメンテナンスを、往復の送料をご負担いただけましたら、
いつでも承っております。

気に入った帽子を長く楽しみたい方々へ。

他にも、こんな時は?というご質問がありましたら、
コメントにてお寄せください。

Mina

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7/29(水)から8/11(火)までGrosgrainが伊勢丹新宿店に出展予定です。
夏の帽子をお手にとる最終チャンス。また秋冬商品のプレビューも。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


d0181387_16132934.jpg


[PR]
by grosgrain | 2015-07-20 16:17 | グログランの帽子 | Comments(0)

凛と美しく。Grosgrain グログランのブログ


by grosgrain