Vera Neumannのスカーフ、入荷しています。

d0181387_09514957.jpg
60年代にグラフィカルなシルクプリントのデザインで一世を風靡し、
今もシグニチャーが入ったヴィンテージのスカーフは高値で取引され
現代のデザイナーにもインスピレーションとなっている
Vera Neumannのヴィンテージスカーフ。

Grosgrain Shop に入荷しました。

少ない服でも自分らしいスタイルを楽しむ方法。
それにはスカーフやベルト、アクセサリーといった小物類を
充実させること。

フライトアテンダントのような難しい巻きかたは必要ありません。
ゆるく首にひとまき。
巻かずに三角形にたたんで、首の前にたらすだけ。
それだけでも見る人の目に楽しいアクセントになるのです。

自分の好きな一枚を探すことを惜しまずに。
ヴィンテージショップでかごいっぱいになった中から一枚を探したり、
その地の魅力がぎっしりと描かれた旅先の土産ものスカーフが、
大事な一枚になることも。

とはいえファッションのアクセントに使いやすい色柄、
というのはあるものです。
私にとっては具体的な花や植物よりもより抽象的な柄が使いやすく、
沢山の色がまじっているものよりも2、3色が印象的なものが
アクセントになります。

今回ショップに並んだのはいずれもスタイリングのアクセントになる
絶妙ものばかり。
是非こちらからチェックしてみてください。
d0181387_09483742.jpg
d0181387_09481307.jpg
d0181387_09484717.jpg
d0181387_09482455.jpg
小さな頃、引き出しにぎっしりと溢れる母のつややかなスカーフを
うっとりと眺めていました。
自分には100円のナイロンの水玉スカーフを何種類もお土産にもらい
ブラやパレオにしたりヴェールにしたりして庭を駆け回ったのは楽しい思い出。

こちらのFashion Latteの記事も参考に、
この春、スカーフをアクセントに楽しんでみてください。

Mina
official:minamaeda.com



[PR]
by grosgrain | 2015-03-25 10:05 | ヴィンテージ | Comments(0)

凛と美しく。Grosgrain グログランのブログ


by grosgrain