帽子の選び方、10のポイント

麦わら帽子を欲しい、と思っているけれど
自分にぴったりとくる帽子をみつけられない...とお悩みの方に、
帽子の選び方の10のアドバイスを。

1、とにかく陽射しを防ぎたい!日焼け対策に。
・つばが10cm以上ある、つば広の帽子がおすすめです。
中でも、つばがすぼまっているタイプや、内側へカーブしているカサブランカと呼ばれるタイプは、
(映画カサブランカから命名されています)
顔全体と首の後ろに影がおちるので日焼け対策はばっちりです。

こちらがおすすめ
d0181387_17141924.jpg
つばのカーブしたカサブランカハット Holly ハリー


2、さっと毎日かぶれる、服をえらばない帽子が欲しい。
・マニッシュな中折れ帽子がおすすめです。最初の一つにもおすすめしたい帽子。
かぶる人を選ばず、カジュアルにも、きちんとしたスタイルにもすっとはまります。
つばがこぶりのものは帽子が主張しすぎることなく、こなれた雰囲気を出してくれます。

ノーメイクでさっとお買い物!という時にも、
これをかぶって出れば目元に影がおちるので、顔がむき出しにならず安心感。
つばをまゆげの位置で前下がりにかぶること。これがポイント。
サングラスとのバランスもよいですね。

真夏にサングラスに中折れハットの組み合わせは最強です。

こちらがおすすめ
d0181387_17152800.jpg
ブラックトリムジーン


3、上品に見えるおしゃれ帽子を探している。
・かつて、外出には帽子が欠かせない時代がありました。
帽子は装いの仕上げとして、礼を失さないためにも大切なアイテムでした。
男性は室内では帽子を脱ぎますが、女性が室内でも帽子をかぶることを許されたのは、
一緒にいる人の目を楽しませ、装いの格をあげるアイテムとして考えられていたから。

そんな1920年代に生まれ大流行して以来、
今も現役の女性用ハットは小さなつばのクロッシェ(ベル型ハット)。
こつばの帽子は、目元のみに影をおとすので、
目の印象を強くし、女性をより美しく、また少しミステリアスに見せてくれます。
きゅっと目深にかぶると頭をこぶりにみせてくれます。

年齢にかかわらず、似合うタイプの帽子です。

こちらがおすすめ
d0181387_17140524.jpg
クロッシェ型 こつばのMarie マリー


4、面長なので帽子が似合わない
・そんなことはありません。帽子は顔の面積を途中で遮るので、面長は目立ちにくくなります。
 特に目深にかぶる帽子は面長を目立ちにくくしてくれます。
クラウンがフラットなど高さを強調しないタイプ、
つばが広めのもので、横のラインを顔に加えるイメージでかぶるとバランスがよいでしょう。

こちらがおすすめ
d0181387_17163476.jpg
Sophie ソフィー


5、丸顔なので帽子が似合わない
・そんなことはありません。顔のどこかにシャープなラインを加えるつもりで、
帽子を選んでください。中折れ帽や、つば全体が円形ではなく
前が長くて後ろが短い、といった前後差のある帽子がよいでしょう。
前だけにつばのついた、キャップタイプもお似合いです。

こちらがおすすめ
d0181387_17173819.jpg
リボンキャップ Linn リン


6、えらがはっているので帽子が似合わない
・そんなことはありません。顔のどこかにゆるやかなラインを加えるつもりで
帽子を選びます。ボーラーハットやつばに丸みのあるタイプ、またベレー帽も似合うので色違いでもっておくと重宝します。

こちらがおすすめ
d0181387_17132388.jpg
定番のボーラーハット Nicole ニコル



7、汗をかくので、涼しい帽子がいい
・帽子をかぶるだけで体感温度は大分下がります。日差しを直接頭にあてると
特に黒髪の日本人は頭に熱が集中してしまい非常に疲れやすく、熱射病の原因にも。

天然の麦わら素材はどんどん頭からの熱気と湿気を吸収して、
外に逃がして行くのでむき出し頭よりのとても涼しく感じるはず。
疲れにくさを実感するはずです。
昔から長く使われている素材には、それだけの理由があります。

かぶり心地が軽く、風を通すものがよい、という場合はメッシュ状の帽子もおすすめです。
リネンを使ったものも、乾燥が早く夏はどんどん湿気を気化させるので、涼しいです。
ポリエステル素材、ペーパー素材の帽子は熱がこもりやすいので注意。

また、汗をかきやすい方はあらかじめ市販の帽子用汗取りテープを帽子にはっておき
ある程度汚れたら取り替えるようにすると、汗を吸収してくれるので帽子が傷みにくく長持ちします。

こちらがおすすめ
カンカン帽 Fred フレッド 頭と帽子に隙間があるので熱がこもりません
薄いカンカン帽 Vivien ヴィヴィアン 頭にちょこんと乗せるタイプ。頭と目元はしっかりと影を落としながら風が通り抜ける涼しい帽子です。
Mia ミア ブラウン ペーパー素材ですがこま編みのクラウンは風通しがよいです。


8、他の人と違うものがよい。

一つの型が流行すると、帽子は選択肢が少ないゆえ知り合いとかぶってしまうことも時々あります。
ブランドの帽子を模した型をメーカーがどっと作ることも原因かと思います。
大量生産のできない、帽子作家の作品がぴったりと自分に合うよろこびは格別です。
今では個人の作家がマーケットサイトのminneやcreema、Etsy等で
その作品を直接販売することも多くなりました。検索して好みのハットを
探してみるとよいと思います。

Grosgrainの帽子は天然の麦わら素材の商品が中心。
素朴な天然素材ですが
工房の高い技術に裏打ちされた、大量生産では難しい
シルエットで、装いを格上げしてくれる存在感を目指しています。
是非楽しんでいただきたいです。

デザインをてがけていて不思議なのは、新作を毎年発表しているのですが
発表の年に手に取る方はごくわずか。2年目にはどっとオーダーが入ります。
先行して手に取る方はアーリーアダプターで、流行を先導している方たちなんだなぁ。
そんな方に見つけてもらえて嬉しい.... がんばろう!と思える瞬間です。

こちらがおすすめ

d0181387_17135270.jpg
Amal アマル
9、帽子が浮きたくない。

帽子はかぶればかぶるほど、その人になじんでいきます。
見慣れないうちはこれでいいのかな?と普段と違う自分に不安になりますが、
帽子を斜めにしたり、軽くのせる、目深にかぶる... 一番ベストに見えるポジションを探ってください。
中折れ帽は思っているよりも、つばを前下がりにかぶるとよりシャープな印象に。
まずはつばがあまり大きくないものや、夏に手にとりやすいつば広のシンプルな帽子をかぶり慣れるのがおすすめ。
そのうちに、出かける時に頭の上にないと心細い... そんな心境になるので不思議です。

二つ目の帽子を検討している方は、今までもっていたものと違うタイプのものを選んで
装いの幅を広げてみてください。
一枚の服よりも、ひとつの帽子があると着こなしの幅がぐんと広がります。
帽子を味方につけない手はないのです。

また、年齢を経て髪型に自信がなくなってきた時にも帽子は心強い味方なので
今からはじめておきましょう。

こちらがおすすめ


10、持ち運ぶのが面倒。ハンディなものがよい。
最近はさっとおりたためる帽子も増えています。布製の帽子や曲げても型くずれしにくいペーパー素材やラフィアを選ぶとよいでしょう。
天然の麦わら帽子は折りたたむことができませんが、丁寧にメンテナンスすれば10年も20年ももつ、その丈夫さが魅力でもあります。
一方ペーパー素材の帽子はさっとハンディになる分、耐久性は麦わらには少しおとり、使用している間にへたってくる、
ということもございます。
素材の特性を理解して、うまく使い分けられるとよいと思います。

多少形がくずれた場合はアイロンのスチームをあてて、中に新聞紙や薄葉紙をまるめたものをつめてととのえましょう。
くたくたになった場合には衣料用のスプレー糊をかけ、乾かす、を繰り返すともとのコシが戻ります。

こちらがおすすめ
Mia Brown ミアブラウンMia White ミアホワイトリネンハット
d0181387_17202995.jpg
Mia White ミアホワイト バックリボン


以上のポイント、是非参考にしていただき、
今まで帽子を楽しんでいる方も、これから挑戦したい方も。
ぴったりの帽子を見つけていただけたら、嬉しいです。

店頭で被って確かめたい!という方へ。
Grosgrainの帽子をお取り扱いの全国の店舗一覧です。お近くの店舗まで是非足をお運びいただけたら幸いです。


Mina Maeda


[PR]
by grosgrain | 2014-05-02 15:38 | グログランの帽子 | Comments(0)

凛と美しく。Grosgrain グログランのブログ


by grosgrain