人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Grosgrain グログラン

天然素材の麦わら帽子 グログランのオフィシャルブログ

夏は白

白の季節が、巡ってきました。

黒がすべてを吸収し飲み込む色である一方、
白はすべてを跳ね返す色。見る人の目にぴん!と響く色です。
一年中白は美しい色ですが、
夏は特に強い陽射しによって白の効果が冴え渡る時期です。

ぱりっと糊の利いた白い襟の高いシャツを着ると、背筋がすっと伸びる。
白いシャツは自分のためだけではなく、今日会う相手のために選びたい服です。

普通のチノに清潔な白いTシャツを合わせれば
それだけで、堂々としたカジュアル。
爽やかすぎると感じたら、上に一枚、色を重ねればよい。
襟元からちらりと見える白が表情を明るくしてくれます。

素肌に履く白のモカシンやデッキシューズは眩しく、
どんな服も足下ひとつで軽快に見せてくれます。

さらに、白のトップスに白のパンツを合わせる、
白on白は、とても旬な雰囲気です。

白はなぜ着る人を美しく見せるのでしょうか?
白い服を白く着るためには清潔が第一。
また、下着の透けも計算にいれねばならない。
おしゃれ心を隅々まで行き渡らせる必要があり、
緊張感が女性を美しく見せるのかもしれません。
また、白がレフ板の役割をして、
表情を下から照らし明るく見せる効果は絶大です。

大事なことは、白は色の存在だけで十分に華やかなので
デザインはできるだけシンプルにそぎ落とすことを心がけること。
細かなレースのディテールや大きなフリル、
デザインのエッジのきいたシルエットは必要ありません。
白は無地、そして素材もコットンや麻など平織りのシンプルなものが強く潔い。
レギュラーカラーのシャツ、Tシャツ、シンプルな丸首のワンピース。
当たり前の形が、最もいきいきと人物を際立たせます。

また、同じ白でも蛍光の青みがかった白(男性のワイシャツや制服によくあるような色)は肌を美しく見せません。身につけるならば、昔ながらの天然素材の生成りに近い白を選んでください。

数を絞ったワードローブにも、
襟のある白シャツと白いTシャツは、
常に美しいものを持っていたいものです。
10枚の色柄形が様々なシャツよりも、味方になってくれます。

美しい人が白の力によってさらに美しくなっているのに、
皆が利用しない手はないのです。
www.grosgrain.jp

「おしゃれについて」の他の記事を読む

by grosgrain | 2013-05-24 02:27 | おしゃれについて

by Grosgrain