メルボルンにて初マーケット出店。

オーストラリア、メルボルンでの初マーケット出店が無事終了しました。

今回はthe Abbotsford Conventで月一回開催されている、Shirt and Skirt Marketに出店しました。
d0181387_03431558.jpg


d0181387_03431631.jpg

d0181387_03431604.jpg


ギリギリまでテントやテーブルを自分で用意しなきゃいけないこと気づいておらず焦りましたが、メルボルンのInstant Marqueeに三日前に頼んだらすっと予約できて、お願いしたらデリバリーピックアップも普通に頼めました。

それぞれ20キロ近くあるだろうテーブルと
テントを一人で二階から降ろす時命の危険を感じたけれど。(今もすごい筋肉痛)

車がなかったから長いMaxi Taxをアプリで頼んでほんとに来てくれるかとても心配でしたが。
(普通に来ました、すっごく便利。東京のアプリよりよほど便利で確実なメルボルンのSilvertoptaxi のアプリです。)

ワーキングホリデーでメルボルンに到着したばかりの方のご厚意に甘えさせていただき、お手伝いをお願いし設営準備。あたふたする日本人二人をさっと慣れた感じのお隣の出店者の方々が助けてくれテントも立てられました。ありがたし。
2.4m角のテント、一人で立てられるダイジョーブヨー と電話で言われましたが一人じゃ全然無理でした… 次回はパラソルにしようかな。

the Abbotsford Convent はコミュニティで運営されている文化的な場所のようで、美しいガーデンと建物、こどものための牧場、シュタイナー学校などもあり広々とした土地の中に(オーストラリアはどこも広々しているけれど)ドネーションで運営されている美味しいビーガンのレストラン、ベーカリーなどもありました。

ゆったりとした時間が流れる場所です。

d0181387_03431746.jpg

d0181387_03431877.jpg


d0181387_03431934.jpg

d0181387_03432012.jpg

さて、マーケットですが
反応はどんな感じだろう?と思いながら臨みました。お客様は興味がある方は色々被って見られて、おしゃれ好きそうな方は興奮気味に色々試してくださる方もいました。

シンプルなシルエットのボーターハットFred、ブラックのリボンを手に取る方が多く。ストローのベレーElieはユニーク!と喜ぶ方も多く嬉しい。

オンラインショップはあるの?とカードやカタログを手に取られる方が、多かったです。
Beautiful!! Great work. と惜しみなく褒めてくださる。

さっと買える値段ではないので、購入に至っていただくためには納得のストーリーと材料、コミュニケーションが、もっともっと必要な印象。

こちらはなんてお伝えするのが良いのかな〜と探りながら、学びの多い初回となりました。

今回Natural Strawでとても細いブレードを使っているdelicateなハット、使っているうちにいい色になって来ますよ。とてもタフな素材なので長く使えますよ、ということを伝えるので精一杯だったけれど。

今は安価なペーパーハットばかりが市場に溢れていて、このくらいの細いブレードのハットの技術は世界的にも非常に少なく、日本はその技術がヨーロッパと同じ水準に優れているんですよ、ストローは熱をどんどん逃すから被っていてもとても涼しく快適なのです。というようなことペラペラ〜とお話しできるように次回はしておこう。

オーストラリアは夏!とストローハットだけ並べたけれどこちらは気温差があるのでお店に夏物と冬物が一緒に並んでいるのも現地で知ったこと。
フェルトハットも全然ありだったなぁ、と大きな反省点。

d0181387_03432009.jpg

d0181387_03432126.jpg


メルボルンは街にグラフィティが沢山あって色鮮やか。
アパレルもでも大胆なプリント、パターンづかいがこの青い空と緑に映えるからか、とても多いです。メルボルンはプリント、という感じがしている。

そんなグラフィカルな感じをハットに活かせないかなぁ、と次回までに試行錯誤してみたいなと思いました。

日本ではブログやツイッターをきっかけに知ってくださる方へ6.7年かけてコミュニケーションしてきているからこうしてお仕事ができているわけで、当然英語社会ではゼロからなので、細やかに発信していかねば、という気持ちです。

そしてこの試行錯誤はきっとこれからのクリエイションに活かせそう。今まで私の中になかった部分を充分に刺激されています。

そしてマーケットの他の出店者の方々はほんとうにフレンドリー!皆惜しみなく今日がどうだったか、他のマーケットがどうかなど教えてくれました。

今回はクリスマスショッピングはもう終わっちゃってたからちょっと、スローだね。とか
メルボルンの人びとはコミュニティを応援したいという気持ちがとてもあるから、継続して何度もコミュニケーションとって知ってもらって、数ヶ月後に戻ってくる、という感じよ。など。 

来年はもっと大きなフェスティバル中心に出ようかなぁ、とそれぞれ出店者の方々も考えを巡らされている様子。

なるほどー。

一朝一夕にはいかない感じがしましたが、ひとまず試行錯誤して、現地の方々に少しづつ知ってもらえるようにしたいと思います。

では引き続き…

1月は1月15日、21日、28日に出店予定です。

d0181387_16405252.jpg
Mina Maeda

[PR]
by grosgrain | 2016-12-20 02:21 | メルボルン滞在記 | Comments(0)

凛と美しく。Grosgrain グログランのブログ


by grosgrain