少ない服で過ごす方法 6' お買い物のコツ

6'. ギャップを楽しみながらお買い物するコツ

少ない服で、無難な格好をしていると

”無印良品”のカタログに近付いて行く。….

このジレンマについて、

少ない服でもギャップを楽しめるお買い物のコツを、

ご質問いただいたので、返信したいと思います。

ワードローブに加える服には2種類あります。


1、定番のもの。合わせやすく、コーディネートの軸を成すもの

ex. 白シャツ、ボーダーシャツ、チノ、デニム、グレーのセーター、黒のタートル

(こちらもご参考に。ワードローブの軸さえあれば


2、皆が持っているものではない、自分にとってのスペシャルな一枚

ex. 綺麗な色のアイテム全般、H&Mで一目惚れした柄パンツ、ユーズドのツイードジャケット、旅先で買ったボヘミアンシャツ、etc,…


買い物は、常にこの二つのどちらかに当てはまるかどうか、

自分につきつけられている選択と思ってください。


1は鉄板。強い味方。でも、そればかり必要と思い買い物をして行くと、

何か足りない。自分のスタイルが見えてこない。

2、はその人のスタイルを作るもの。

少ない服で過ごすために、スペシャルな一枚を見逃しては残念な結果に。

純粋に自分が好き!と思う服。(特徴的なため)毎日は着られないけれど、時々着ると人にほめられる服。それはスペシャルな一枚です。

2の服は、一年〜二年に一枚出会えたら十分ではないでしょうか。

20代に出会っていれば、30代には少なくとも6、7枚それらの服が手元にあるはず。

1と組み合わせて、十分自分のスタイルが作れます。ファッションのギャップも生み出せる。

(何事にも遅すぎることはないので今からはじめてももちろんよいのです!)

そして、時には1も2も、循環させてください。新鮮な風を入れることも大切。


私にとっての2、スペシャルな服は

・ヴィンテージの柄コート

d0181387_05481511.jpg

・水色のシルクシャツ

・narciso rodriguezのヌードベージュのワンピース

・古着のヒョウ柄ニットスカート

d0181387_05484474.jpg
(写真は WEAR より)

などなど。他にもいくつかありますが、考えているだけで気分があがる↑

この一枚を着ると自分に自信がでる、そんな服です。

そして、どれも1と相性がよい。それは、1が鉄板・定番のものだから。

1の落ち着きが、2をより洗練させてみせてくれます。


2の服は、1よりもお値段がすることもあれば、古着屋やファストファッションで驚くほど安く手に入れることもあります。

何よりも自分の感性を大事にしてください。

それは、あなたのスタイルを作ることになる大切な要素です。

お買い物の時に、自分にふっと、問いてみてくださいね。


Grosgrain では、Vintage で販売しているものが、誰かの2になればいいな、と思っています。

HatTシャツ は、1に重きを置いています。そんな感じに見て頂けたら幸いです。


Mina

おしゃれに関する他の記事 を読む


パーソナルスタイリングを行なっています。初回相談30分は無料です。詳細はこちらへ。
前田美奈子 Officialサイト/パーソナルスタイリング

着る人の美しさが凛とたつ、帽子と服。
応援クリックお願いします!

[PR]
Commented by sonosew at 2014-04-17 14:11 x
とても参考になります。以前にAnnaを購入したのですが、Annaは私にとって2です。洋服はベーシックなものでもAnnaをかぶるだけでオシャレに見えます。(この季節はお休み中ですが。)

私は恐がりというか慎重派なので、2でもシンプルでベーシックな服を選んでしまいます。小物に綺麗な色や真っ赤を持ってきていますが、小物で2でもいいんでしょうか?
Commented by grosgrain at 2014-04-18 08:28
sonosewさん、
小物は2の役割、十分に果たすと思います。以前に"小物は大物。"という記事に書きましたが、(http://grosgrain.exblog.jp/20289146/)差し色や柄を小物にもってくるのは、効果的。ベルトや靴下、靴にアクセサリーetc...そしてもちろん帽子も! ありがとうございます!
Commented by Kaz at 2014-04-18 09:16 x
Minakoさん、
こんにちは。
無印良品から脱出するお買い物術についてお返事いただき、
ありがとうございました。

これまでは、着回しが効くことを最優先に無難なものばかり
購入していました。そして「あっ、これすごく好み!」というものに
出会っても「合わせにくいかも…」という理由であきらめていました。

自分の直感、もっと大切にします。
Commented by grosgrain at 2014-04-20 11:31
Kazさん、着回しの効くベーシックなものが手元に集まってきていれば、好みの柄や色、特徴のある服を時に投入しても、すっと馴染んでくれるはずです。それがKazさんの色になっていくはず。ファッション、是非楽しんでください♪
by grosgrain | 2014-04-17 09:30 | おしゃれについて | Comments(4)

Sophisticated Hat Grosgrainの最新情報


by grosgrain