少ない服で過ごす方法5。小物は大物。

5. 小物は大物。

ワードローブの軸がだんだんできてきて、
定番で、流行りすたりに左右されず、
質のよい洋服達がそろうのを
眺めるのはとても嬉しいものです。

でも、クローゼットを開けたら
黒グレー、ベージュ、紺ばかりの服ばかりになってしまって
どこか退屈。ほんとはお洒落したいのに、
少ない服って色物や流行をあきらめることなのかしら....

いいえ!声を大にしていいます。
少ない服で過ごす目的は、さっぱりとものを少なく心地よく過ごすだけではなく、
一方で自分らしいスタイルを追求していくこと。
他人とは異なるあなたらしいスタイルがなければ
せっかくのワードローブの軸も、活かせません。

では、どこでスタイルを表現するか。
帽子、巻物、タイツ&靴...小物の大きな力を借りましょう!

イタリア旅行中にみた素敵な実例をあげながら解説してみます。

ベンチに腰掛ける姿にぱっと目を奪われました。
黒っぽい装いに、からし色にドットのタイツ。
色と大きめなドットが、とても今っぽい。
靴がローヒールでフェミニンすぎないのも、正解。
d0181387_21542171.jpg


ブルーグリーンの色は、装いに取り入れた時にネイビーやグレーなど
シックな色ととても相性がよいだけではなく
街でパッと目をひく、美しい色です。
ミニスカートの色と帽子の色を揃え、
赤い手袋の力も存分に借りています。色を使うのが上手なひと。
d0181387_2157388.jpg



ニットのくしゃっとした帽子と黒ぶちめがね、
タイト目にまいた巻物のバランスがこなれていて、とても素敵。
袖口の清潔な白シャツも、メンズっぽい大きめフェイスの時計も効いてます。
どれが欠けても、きっと何か足りない。絶妙。
d0181387_2204847.jpg



黒のツイードのコートに黒ロングブーツ。
退屈になりそうな冬のコーディネートを
ぴりっと引き締める、ベレーと二重にしたマフラー。
黒、赤、ツイードの重ねの色目。
黒×グレーの大きなバッグも
切り替えが大きいからこそ全体のバランスがとれています。
d0181387_226786.jpg



大判の花柄ショールをネイビーのダウンの上に。
グレーのロングブーツで印象が固くなりすぎず、素敵。
d0181387_2226538.jpg


どうでしょう?
皆服はシックなトーンですが、装いが決して退屈ではありません。
小物がいかに"その人らしい"スタイルをつくることに有効か!

まだまだ寒い日が続きます。
クローゼットに眠ったスカーフを点検して、
タイツで春を先取りしながら、
日々スタイルを楽しんでみては。

Mina

パーソナルスタイリングを行なっています。初回相談30分は無料です。詳細はこちらへ。
前田美奈子 Officialサイト/パーソナルスタイリング

着る人の美しさが凛とたつ、帽子と服。

[PR]
by grosgrain | 2014-01-28 22:43 | おしゃれについて | Comments(0)

凛と美しく。Grosgrain グログランのブログ


by grosgrain