少ない服で過ごす方法4。さよならする服、付き合っていく服。

4. さよならする服、付き合っていく服。

少ない服でも心地よく過ごすために、
時にはシビアに手持ちの服を選別することも必要。
以下のチェック項目に、1つでもはまらないものは
さよならするのが賢明です。
d0181387_1015939.jpg

サイズがあっている?

自分好みの色で肌色がくすまず、着心地がよい?
(ちくちく、ざらざら、静電気がすごい、歩きにくいなど、即NG)

自分好みの落ち着き、明るさ、柔らかさ、ヴィヴィッドさ、シックさ、華やかさ、○○さ、(自分を表現したい好きな言葉をはめてください)がある?

着ると気分が落ち込まない?

(これを着ている自分に自信が持てない...という服はさよならしましょう。)

しみなど、汚れていない?しわしわではない?ボタンがなかったり、ほつれてはいない?
これもとても重要なポイントです。
メンテナンスや、修繕したいものはすぐにすべきですし、
長らく修繕する気、アイロンする気のおこらない服は、
その価値がなかったということ。
お別れの時です。

ワードローブを育てている、
という気概を持って服と接し、時には厳しい目で手持ちの服を選別してください。
どの服を取り出しても満足のいく、
自分に寄り添った服達が残っていくはずです。
彼らは、ずっと裏切りません。

そして、私の経験上必要でないモノを手放すと、本当に愛せるモノが見つかります。
クローゼットの循環をよくするのも、大切なようです。

Mina

パーソナルスタイリングを行なっています。初回相談30分は無料です。詳細はこちらへ。
前田美奈子 Officialサイト/パーソナルスタイリング

着る人の美しさが凛とたつ、帽子と服。


応援クリックお願いします!

[PR]
by grosgrain | 2013-12-03 10:33 | おしゃれについて | Comments(0)

Sophisticated Hat Grosgrainの最新情報


by grosgrain