出産記追記:いきまずに産む方法 

このブログに「ヒプノバーシング」のキーワードでたどり着く方が
ここ最近大変増えてきたようです。

今日も学生時代の後輩の臨月の子に会い、
出産についてあれこれ話をして、
再び記憶がよみがえってきたので、
出産記追記です。
誰もができたらやりたい「いきまずに産む方法」。

腹式呼吸なしにはスムーズな出産なし!とも、思います。

妊娠後期に入り、腹式呼吸の練習を繰り返していると、
臨月にはとても多くの空気がお腹に入るようになると思います。
かえるになった気分で、おなかを大きく大きく膨らませながら
息を吸い、赤ちゃんの入っている場所の隅々にまで空気を届ける。
そのイメージトレーニングと
また実際におなかの筋肉を沢山つかって
空気を入れられるようにしておきます。

その呼吸を、分娩中には最後まで、繰り返しました。
おなかを大きく膨らませて息を吸うと、
そのお腹の張る力でぎゅーっと赤ちゃんが押し出される感じがしました。
息を吐く時には細く細く長ーく、赤ちゃんから空気が出るようにゆっくり吐きます。
息を吐いている時に、私自身はいきんでいなかったのですが
助産師さんが「そうそう、上手」と繰り返し言ってくれていたので
赤ちゃんがどんどんと、降りてきている状況だったのだと思います。

腹式呼吸は赤ちゃんを押し出す力になるのと同時に、
母体に多くの酸素が取り込まれ、赤ちゃんにも酸素が届き、
いきまず分娩に時間をかけても
赤ちゃんの心音は落ちずに、ゆっくりと進んでいけるのだと思います。
私自身、分娩台に入ってからは1時間ほど時間をかけ、進みました。

もう1点。
あまりにも具体的すぎて恐縮ですが
毎回のトイレの"大"の時に、練習をしました。これは有効です。!
通常であればいきむところを、深い腹式呼吸でするすると出せるようになります。

妊娠後期に入ってくると便秘気味であったり
あまりすっきりとなかなかいかないと思うのですが、
トイレでもお腹の隅々まで空気を行き渡らせるイメージで息をすい、
ゆっくりとおしりから息を吐いていく。
すると不思議と、リラックスして力が上手に抜けるようになり、
いきまずにするする、っといくようになると思います。

これもすぐにはうまくいかないかもしれませんが、
毎回、毎日練習するととても上手になると思います。
出産の時はまさに、それを実践するだけでした。

あまりにあんまり具体的すぎますが、
いきまずに産むためにはとても有効だったこと。

ここに辿り着いたママとベビーの身体の負担が軽く、
穏やかな出産になることを願って、
こっそり、アップしておきます。

出産記1へ

応援クリックお願いします!
[PR]
by grosgrain | 2012-12-31 00:00 | 出産記 | Comments(0)

Sophisticated Hat Grosgrainの最新情報


by grosgrain